友達の押しに負けそうだ!

友達の押しに負けそうだ!今友達に脱毛の勧誘を受けています。もう本当にしつこくて困っていたんです。まあ別にこの友達の場合は勧誘が目的ではなく、一緒に脱毛サロンへと行ってほしいらしいです。一人で行くのが心もとないから私のことをしつこく誘ってくるのです。私は全く脱毛を受ける気がなかったので、「ただの冷やかしみたいだから行きたくない」ときっぱり断ったのですが、友達はどうしても行ってほしいみたいです。ただの連れとしてついてきたら問題ないし、無理に脱毛を受けなくてもいいからと必死になって説得されています。このままでは友達の押しに負けそうです。

私は脱毛に興味が無いと言うわけではありません。でも別に絶対に必要でもないかなと思っていて、あまりやるつもりはありませんでした。でもしつこく友達に脇脱毛のコースの説明をされて、ちょっと目を惹かれました。脇脱毛の安さに驚きがありましたし、それに通うのもそんなに大変そうじゃないという気がしました。あまり時間も取られないらしいし、これだったらやってみてもいいかもしれないと思っています。本当にこの友達の押しっぷりには負けそうになります。

どうやら友達は絶対に脱毛を受けたいみたいだけど、一人で説明を聞くのが嫌みたいなんです。一応付き添いとしてついて行って、コースが魅力的であれば私も一緒に脱毛を受けて見ようかなと思っています。おそらく次に勧誘されたときは友達の押しに負けると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>